医療に使われるプラセンタ

医療に使われるプラセンタとして調査してみました結果、以下のような理由があり効果があると言えます。
最近では技術が進み、プラセンタの有効成分を安全に抽出する事が可能になり、又研究が進んでいます。
プラセンタは単なる栄養成分ではなく、細胞の分裂を適切にコントロールする成分が含まれている事が判明してます、
専門的には「成長因子」或は「細胞増殖因子」と言います。
理論的に細胞分裂が必要な細胞の表面には、受容体と呼ばれる鍵穴現れプラセンタの成長因子は、
その鍵穴から脂肪にアクセスし、細胞に対し細胞分裂が適切に行われるのに必要な情報を伝達します。
その情報を受け取ると細胞は分裂し、新しい元気な細胞を作りだします。
また抹消の毛細血管まで作り出し、しかもガン化した細胞は増殖させない研究結果も出ています。
細胞のリフレッシュとあいまって、血流、情報伝達物質、ホルモンバランスなどの改善等の総合効果によって、
体の調子を整えたり、やる気が出てきたりと、生活活動のレベルをアップさせ活き活きとした生活へと導く事ができます。
端的な効果ではプラセンタはホルモンバランスを整えて、更年期障害治療ができ、保険適用が出来ています。
また代謝機能を促進し疲労改善に役立ちます、また自律神経を整え、不安感などを抑え鬱症状を緩和させます。

ピックアップ

話題の化粧品!ミネラルファンデの人気商品はコチラ

http://www.xn--bcktbl7d2a2cxdg4epw2hd7j0502d3novm8a.com/syosinsya/ninki.html

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、プエンテが2013年1月10日 15:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「悲しいリバウンド」です。

次のブログ記事は「ふと思ったこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ